<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 夏だから…金魚 | main | 古布…縮(ちぢみ) >>

古布…銘仙(めいせん)

古布…銘仙(めいせん)って知ってますか?





詳しくは、

花小町サイト内の

銘仙を使った小物入れページ
(http://hana-komachi.com/goods/komono-ire/ki-meisen.html)


を、見ていただければ、解説も記載しているのですが…








初めて聞きました。。。

銘仙(めいせん)って言葉。



サイトに行くのがめんどくさいって方は、

下の写真を見ていただければわかるんですけど…


銘仙(めいせん)


















こんなのが、大正時代に作られていたんです。





今であれば、

パソコンなんかで、あえて、こんなデザインを

作ることが出来そうな感じですけど(僕にはムリですが)、

当時の人は…




構想と…

経験と…

勘…



これだけで、染めて、作り上げていたんですよね。








すごい技術です。


どの世界でも、

本物の職人さんが減ってきていると聞きます。



また、跡継ぎがいなくなっているとも聞きます。









今では、もう作られていない銘仙(めいせん)


(もしかすると、作られてるのかも知れませんが…よくわかりません)







昭和の中期、後期あたりから

姿を消し始めたこの生地…




この生地を製造する職人は、

昭和の時代に姿を消し始めたんですよね。。。




平成になって21年。


他の業界でも、こんな絶滅しつつあるものがたくさんあると思うと、

少し残念に思います。







無責任な言い方ではありますが、

銘仙(めいせん)のような消え行くすばらしい伝統を受け継ぐ人が、

多く生まれれば…と、


サイトを更新しながら、ふと感慨深くなってしまいました。。。







+-------------------------------------------------------------+

 花小町(香川県にある手作り雑貨)ホームページはこちら
>>http://hana-komachi.com/

 花小町店主のブログ
>>http://diary.hana-komachi.com/


+-------------------------------------------------------------+
花小町を応援する人 * 見ていってください…手作り雑貨 * 15:32 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ